HTMLって何?

HTMLの意味とは?

HTMLとは、ホームページなどwebページを作る際に使用する言語のことです。普段、パソコンやインターネットで見ているサイトのほとんどが、HTMLで作られています。普段見ている画面からでは、なかなか想像できませんが、ホームページを見ている状態で右クリックし、「ページのソースを表示」を選択すると、アルファベットと記号の羅列の画面に切り替わると思います。これが、HTMLです。 日頃パソコンで見えている画面は、このHTMLで構成された文章で、それをブラウザに読み込んでいます。HTMLは、<>で囲まれたタグによって、色や大きさ、フォントなどの様々な性格付けをし、構築していきます。また、ファイルの最後には「.html」の拡張子を付けます。

HTMLの書き方と方法

HTMLを作成する方法は、様々あります。どのパソコンにもほとんどインストールされている、メモ帳でも作ることが可能です。HTMLを構築するタグは、<>で構成され、その中に必要な要素を記入します。タグを書く際は、基本的に半角記号を使用します。 手入力せずに専用のソフトを使用すれば、もっと簡単に書くことが可能です。無料のフリーソフトから有料のものまで、数多くあります。何を使って作るかは、個々の目的やそのレベルによって違ってきます。市販のソフトを利用すれば、HTMLの基礎知識が全くなくとも、ホームページを作成することは可能です。しかし、必要最低限の知識を知っていることは、とても大切です。なぜならば、あくまで作って終了ではなく、常に新しい情報を更新したり、新たなページを作成する作業が必要な為です。