CSSって何?

CSSで様々なメリットが

CSSとはCascading Style Sheetsの略で、ウェブサイトなどのレイアウトなどのデザインを定義するものでブログが普及したことによって認知度が高まった概念と言えます。 そもそもCSSとはスタイルシートの一種であって、これだけで何かをするというものではなくHTMLと組み合わせて使用する言語になります。 いわゆるHTMLは、文書構造やウェブページ内の構造を扱う言語になります。 それに対してCSSはそれらをどの様に装飾するかを定める言語になっていて、文字などの色であったりそれらのサイズや配置の方法などを指定することが可能です。 CSSを使うことによって、この2つを切り分ける事で見栄えが環境に左右されないなどのメリットがあるのです。

CSSで何が出来たり便利になったのか

CSSで何が出来たり便利になるのかですが、まず代表的なものとしてはデザインの自由性が上がるということです。 HTMLだけではなかなか表現できないようなものもCSSを使用することによって表現が可能になったり、バリエーションが増えたりします。 また、デザインとHTMLが分離されることによって、維持や管理がしやすくなってブログなどでデザインの変更も楽なだけでなく以前の記事なども不自然にならないのです。 また、CSSを外部スタイルシートに置くことでコンテンツ数が多いサイトなどにおいても、デザインの変更が容易になるのです。 他にも、HTMLだけでやるよりも単なる見た目だけではなく検索エンジンなどからの評価も高くなるのです。